沿革 - 病院のご案内

沿革

独立行政法人 国立病院機構 旭川医療センター

昭和47年9月
「旧国立療養所旭川病院」と「旧国立旭川療養所」が統合。新たに国立療養所道北病院として発足
昭和51年4月
附属看護学校(3年課程)の開設
昭和51年9月
血液透析棟の新築
昭和62年9月
神経筋病棟の新築
平成元年3月
リニアック治療棟(放射線治療)の新築
平成8年4月
エイズ拠点病院の指定
平成11年10月
臨床研究部(遺伝子・生理・生化学・病理・リハ研究室)の新設
平成12年5月
病院機能評価(一般病院種別B)の認定証授与
平成16年4月
独立行政法人国立病院機構道北病院に移行
平成22年8月
独立行政法人国立病院機構旭川医療センターへ病院名を変更
平成25年4月
北海道がん診療連携指定病院の指定
平成27年4月
肝疾患に関する専門医療機関の指定
平成29年8月
地域医療支援病院の承認

旧国立療養所旭川病院

明治34年
旧陸軍第七師団衛戍(えいじゅ)病院として創設
昭和20年12月
厚生省に移管、国立旭川病院として発足
昭和28年 4月
結核療養所に転換、国立療養所旭川病院となる

旧国立旭川療養所

昭和13年8月
市立旭川療養所として創設
昭和22年4月
厚生省に移管、国立札幌療養所旭川分院として発足
昭和25年4月
国立旭川療養所として独立
ページ最上部へ