ごあいさつ - 病院のご案内

ごあいさつ

国立病院機構旭川医療センターのホームページをご覧いただきありがとうございます。私は2021年10月1日に病院長を拝命いたしました木村隆と申します。ご挨拶をかねて当院の紹介をさせていただきます。

当院は、1901年に陸軍第七師団衛戍病院として創立され、今年で120年を迎えます。2010年8月には道北病院から旭川医療センターへと病院名を変更し、新しい病棟もオープンしました。2020年1月には新外来棟がグランドオープンし、全ての施設を一新することができました。

診療面では、これまでの「COPDセンター」や「パーキンソン病センター」、「糖尿病・リウマチセンター」といった、3疾患センターを中心とした内科診療に加えて外科や循環器内科、放射線治療科、総合内科、小児科などで急性期治療を行っていました。昨年から、泌尿器科の外来診療が始まり、消化器外科がリニューアルし、呼吸器外科とともに専門的外科診療を展開しています。

当院はこのような専門的な診療に加え、地域住民のみなさまにとって役に立つ診療機能の充実にも取り組んでいます。

  • 救急告示医療機関として、救急医療にも取り組んでいます。
  • 北海道がん診療連携指定病院として、がん診療の充実にも力を入れています。
  • 肝疾患に関する専門医療機関として指定を受け、この10月より肝胆膵センターを開設しました。
  • 地域医療支援病院として、地域のかかりつけ医などの地域医療を担う医療機関の支援にも力を入れています。
  • 在宅療養後方支援病院として、在宅医療を提供している診療所などの求めに応じ、入院を希望される患者さんの診療について24時間対応可能な体制を準備しています。
  • 急性期治療を経過し、病状が安定した患者さんが在宅などへの復帰に向けた支援を行う地域包括ケア病棟を開設し、在宅復帰へのきめ細かい対応を行っています。

当院のロゴマークはハートをモチーフにし、中央は主役の患者さんで「安心」を、左右は職員で「信頼」と「まごころ」を表しています。私たち職員一同は、まごころを大切にしながら、患者さんに安全で質の高い医療を提供をし、信頼いただける病院となるように取り組んでいます。

当院は、120年にわたり旭川市石狩川より北の地域における、唯一の公的医療機関として活動を続けてまいりました。今後も、地域の皆さまにとって、なくてはならない医療機関となれるよう活動を継続したいと思っています。

令和3年10月1日

院長 木村 隆

ページ最上部へ