3病棟 - 看護単位の紹介 - 看護部 - 各部門のご案内

看護部

看護部 - 看護単位の紹介

3病棟(脳神経内科・小児科)

3病棟(脳神経内科・小児科)

当病棟は脳神経・筋疾患・小児科の混合病棟であり、脳梗塞やパーキンソン病、ギランバレー症候群、多発性硬化症などの患者さんが全道各地から精査・治療のために入院されています。治療やリハビリテーションにより疾患の進行を防ぎ、機能回復や機能維持に努め、1日でも早く退院できるように、医師8名、看護師30名、看護助手3名、地域連携室、薬剤師、理学・作業療法士と連携しながら日々努力をしています。日常生活に援助の必要な患者さんも多いですが、一人ひとりの希望を伺いながら残存機能を生かし、QOLを高めることができる様、援助を行なっています。特室は15床あり、清潔でプライバシーが配慮された造りとなっています。広々としたホールでは患者さん達が、ゆったりとソファに座り景色を楽しみながら過ごしている姿がみられます。
私たちスタッフは、いつも笑顔を心がけ、患者さんやご家族に安心して頂けるよう、安全で安心な質の高い医療・看護を提供できるよう目指しています。

ページ最上部へ